徳佐の こしひかり について

徳佐地域は山口県の北東部、島根県との県境に位置しています。山口県下では一番標高の高い「十種ヶ峰」の麓で、山沿いの地域の土地は粘土質でお米の栽培には適した土壌です。徳佐地域は、山口県で初めて「こしひかり」の栽培を行ったところで寒暖の差が激しく、山からの雪解け水が「こしひかり」に適しています。徳佐の「こしひかり」の特徴は、甘みのある香りと風味です。私も「こしひかり」を取り扱うにあたって、いろんな県の「こしひかり」を食べ比べました。某有名地域の物も食べましたが、「甘み」という点では徳佐の「こしひかり」が一番で、食感もすっきりしており結果地元山口県の「こしひかり」を扱うことに致しました。今年は出来が非常によくとてもおいしいので是非一度お試しいただきたいと思っております。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示